第183歩 強く生きる

f:id:takami1073:20180930170619j:plain

キレイな姿勢をめざすkamiです。

おはようございます。

 

第183歩 強く生きる

 

9/30(日)

普段、テレビは見ないのですが

子ども達が録画していたドラマを

見ていました。

つられて

私もちょっと見てみました。

ドラマ「サバイバル・ウェディング」最終回

f:id:takami1073:20180930191250j:plain

宇佐美は惣一にうんちくを交えながら

「周りからムリだと笑われても

 一歩踏み出して

 世界を変えた日本人だっているんだ…

 これからの日本を支える人材を育てるのが、

 あんたのやるべきことじゃないのか?」

と言うと、惣一は激怒し警備員を呼ぶ。


続けて宇佐美は祐一に

「周りからなんと言われても絶対に負けるな。

 失敗しても勝つまでやればいいんだ」

とインド行きを後押しする。


さらにさやかに

「お前の仕事はどこに居ても出来る…

 恐れずに飛び込んでみろ。

 大切なのは

 どんな選択をするかじゃない。

 自分が選択した人生を

 強く生きるかどうかだ」

と言うと、

宇佐美は警備員に連れて行かれてしまう。


さやかはもう一度、

惣一に「祐一の独立」をお願いすると

惣一は「勝手にしろ」と言って

会場を出て行った。


さやかと祐一はお互いの気持ちについて

話すこととなり、

祐一は「もし失敗しても

さやかが助けてくれるんじゃないか」と

甘えがあったことを告白し、

さらに祐一は

「一人でインドに行って基盤ができたら

 さやかを迎えに来る」

と言ってその場を去っていく。


さやかは

「大切なのは

 どんな選択をするかじゃない。

 自分が選択した人生を

 強く生きるかどうかだ」

という宇佐美に言われた言葉をつぶやき

 

「行ってやるか。インド」と言うと

祐一を追いかけ

「インドでやっていく自信はないし

 むしろ困らせるだけかもしれない。

 でも一緒についていく。

 もし失敗して無職になったら

 私が養ってあげる」と

正直な気持ちを伝え、

さやかはインド行きを覚悟した。

深いぃ~。

「大切なのは

 どんな選択をするかじゃない。

 自分が選択した人生を

 強く生きるかどうかだ」

 

どんな選択するかって、大事だと、

ずっと、そう思ってました。

でも

自分が選択した

自分が決めた人生を

強く生きていくことって

もっともっと大事ですよね。

 

この選んだ人生を

楽しくするのも自分

喜びを見いだすのも自分

「よかった」って

よかったを探しながら

前へ進んでいくのも自分

 

強く強く生きていきたい

このコスモスのように

いつも明るい方を向いて

明るさを一身に受けて

満開の花を咲かせたい

 

気づいてよかった

今日もいい日になりますように。